2020/11/19

スタッフブログ 箱の基礎

ダンボールへの印刷はどんな方法がある?

こんにちは

大阪支社いよざきです。

 

以前にも書いたことがあるのですが、

ダンボールの色と印刷の種類について簡単なご説明です!

 

弊社では既製品ケースの販売は無く、

お客様・ご注文ごとの受注製造を行っております。

無地箱の製造もありますが、

オリジナル印刷をされる場合も多いです。

 

オリジナル印刷をされると、

商品の魅力や店舗PRが映え、メッセージ性が高くなりますよね!

とはいえ製造ロット数・お値段も気になるところ…

 

印刷と一言でいっても

種類はたくさんあります!

弊社の取り扱いの中で多いものは5種類程です。

(※オフセット印刷以外は、初期費用に[印版・箔版代] が必要です。)

①フレキソ印刷…ダンボール

②オフセット印刷(油性印刷・UV印刷)…板紙・ユダンボール合紙

③シルク印刷…透明PET・プラダン

④箔押し…ダンボール・板紙・ダンボール合紙・透明PET

⑤オンデマンド印刷…ダンボール・板紙・ダンボール合紙なども

ーーーーー

今日は段ボールへの印刷に焦点をあててご紹介します!

大きく3種類方法があります。

 

[フレキソ印刷]

 印版とよばれる、フィルムに樹脂版を貼り付けた版を使用します。

黒ライナーに白1色 フレキソ印刷

ファンシーレザー黒にフレキソ1色 白

K5ライナーに赤・黒の2色 フレキソ印刷

インクは既存色からお選びいただけます。

 

同じ色でも、下地の色で見え方が変わります。※写真の色は一部です。

 

 

[箔押し] (ダンボールの他に、板紙・合紙・透明PETなどにも◎)

 金・銀・白・黒色などがあり、高級感・雰囲気のある仕上がりになります。

 比較的 少量からでも対応可能です。

黒ライナーに 金 箔押し1ヵ所

濃茶・白ライナーに 金 箔押し1ヵ所

 

 

[ダンボール合紙(ごうし)]   

 コートボール紙と片段ダンボールに貼り合わせる方法です。

  一般的に多いのは、B段(厚み3㎜)やE/F段(厚み1.5㎜)です。

 一番高額になります。

 魅力はダンボールの強度・緩衝性 & フルカラーの表現が可能な点!

 細やかな印刷や、特色(DIC)印刷、写真を入れる事もでき、鮮やかなパッケージに仕上がります。

 パッケージのほかに、店舗用什器などの素材にも使用されています!

オフセット4色+表面加工(マットPP)×色ライナー E/F(厚1.5㎜) 

ーーーーーーーーーーーー

 

いろいろとご紹介しましたが、

どれがベストなんだろう…?と悩まれるかもしれません。

 

そんな時は

[お問合せ]ページより

お気軽にご連絡ください(*´︶`*)

 

お問合せの際は、

・中に入れる商品について(食品/冷凍もの/割れ物 …など)

・使用イメージ (外箱・輸送用・ 贈答/ギフト・店頭販売用など)

・箱へのイメージ

 例えば、「和風っぽい ・ナチュラル系・光沢&キラキラ感が欲しい」

     「冷凍商品に対応してほしい」など

 

いろいろと詳細をお聞かせください!

 

商品のイメージ と 受け取るお客様にぴったりの

パッケージを作りましょう!

 

✧\ ٩( 'ω' )و /✧

WEB相談窓口 ダンボーール・紙箱・化粧箱の制作に関する問題を解決!フリーダイアル:0120-469-880(受付時間9:00~18:00(土日祝日除く))
ページトップ