箱の基礎

ダンボールの印刷方法:箔押しの特徴と製作事例をご紹介

回はダンボールの印刷方法の1つ「箔押し」についてのご説明です。

 

弊社では既製品ケースの販売は無く、
お客様・ご注文ごとの受注製造を行っており、
無地箱の製造もありますが、
オリジナル印刷を希望される場合が多々あります。

 

オリジナル印刷を入れると、
商品の魅力や店舗PRが映え、メッセージ性が高くなりますよね!

 

今回は箔押しの特徴についてまとめ、
特徴や注意点、製作事例について記載していきます。

箔押しとは

段ボールのギフト箱を製作する場合、
高級感・特別感を引き出す加工として【箔押し】が選ばれます。

箔押し自体はダンボール以外に板紙・貼箱・透明PETなどの様々な素材に加工が可能です。

箔色は【金色(ツヤあり/ツヤなし)・銀色(ツヤあり/ツヤなし)・白・黒】が多く選ばれますが、
他にもさまざまな色の種類がございます。

箔押しの特徴

それでは次に箔押し印刷の特徴について見ていきましょう。

①高級感と特別感を演出できる

箔押し印刷は、光沢と立体感があり、高級感のある仕上がりになります。
そのため、大切な方へのギフトや、特別な商品のパッケージに最適です。

②デザインの幅が広がる

箔の色や種類を変えることで、様々なデザイン表現が可能になります。

ロゴやイラストを箔押ししたり、ワンポイントとして箔押しを加えることで、
オリジナリティあふれるギフト箱を作ることができます。

また、コートボール紙を片段ダンボールに貼り合わせる合紙だと、
オフセット印刷(フルカラー印刷)や表面加工(艶ありor艶無し)と組み合わせでより多彩な表現が可能になります。

③耐久性に優れている

箔押し印刷は、他の印刷に比べて摩擦や水に強く、色褪せしにくいという特徴があります。
そのため、長期間にわたってギフト箱をきれいに保つことができます。

箔押しの注意点

それでは次に箔押し印刷の注意点を見ていきましょう。

弊社へご依頼いただく際は、
量産前にデザインを見せていただき
注意点やリスクを事前にお伝えしますのでご安心ください。

注意点①段ボールの縞々が浮かび上がる

段ボールにデザイン面が大きい箔押しをすると、
下記画像のように段ボールの中芯(なみなみ)が浮かび上がる場合があります。

小さい文字やロゴだと、あまり目立ちませんが、大きい面積の箔押しをする際は要注意です。

注意点②細かすぎるデザインは潰れてしまう

箔押し加工では、細かい表現が難しいというデメリットがあります。
そのため、シンプルなデザインや、太めの線で描いたデザインなどが適しています。

注意点③コストがかかる

箔押し印刷は、他の印刷方法と比べてコストがかかります。

そのため、すべての商品に箔押し印刷を施すのではなく、
特に重要な商品や、ギフト向けの商品などに限定して使用するようにしましょう。

注意点④納期がかかる

箔押し印刷は、通常の印刷よりも納期がかかります。
そのため、余裕を持って発注するようにしましょう。

箔押しの製作事例をご紹介!

この記事の最後に弊社へご依頼いただいた箔押しの製作事例をご紹介いたします。

箔押しの色やデザインによって、商品イメージが全く異なるのがお分かりいただけると思います。

 

事例①おそば用ギフトボックス

 

重厚感を出すため両面黒色段ボールに金艶の箔押しを施しております。
箔押しと印刷デザインは、鳥取県鹿野地域を象徴する山々と四つ菱のロゴマークを交えて作成しご提案。

鹿野そばの価値を存分に引き立たせるギフトボックスとなり、お客様に大変喜んでいただけました。

【製作事例ページ】
おそば用ギフトボックス

事例②スープギフト箱

表面の紙は、光沢のある白色コートライナー、裏は通常の白色段ボールで製造しました。
コートライナーを使うと、通常の段ボール印刷(フレキソ印刷/水性インク)が出来なくなる為、箔押しを提案させていただき、とてもきれいな化粧箱が仕上がりました。

 

【製作事例ページ】
スープギフト箱&パウチ用封筒化粧箱

事例③梅干しケース

極力コストを抑えたいとのご要望に対し、N式の形状をご提案。以前のパッケージより若干組み立ての手間はかかりますが、その分低コストとなりました。

材質については両面の色をグレーにしたいとのことなので、両面カラーライナーのE段をご提案し作成致しました。

 

【製作事例ページ】
一般用 梅干しケース(1kg / 500g)

事例④TOOL-LAB化粧箱

天面にはロゴが黒色の箔押しで施されており、箱と同色ですが、箔のツヤで文字をしっかり認識できます。シンプルな中にこだわりを感じられる仕上がりになりました。

【製作事例ページ】
TOOL-LAB化粧箱

事例⑤ピクルスギフトケース

箱は、商品が割れ物で重めの物になるのでダンボールで作成しています。
今回は木肌エンボス加工がされた白色や裏ライナーの色を形状ごとにお選びいただきました。箔押しの色もそれぞれ裏ライナーの色に合わせてあり、オーダーメイドならではの細やかな表現ができました。

 

【製作事例ページ】
ピクルスギフトケース

まとめ

箔押し印刷は、ギフト箱をワンランク上の特別なものにするための効果的な手法です。

高級感、デザイン性、耐久性など、様々なメリットがありますが、
コストや納期などの注意点も理解した上で、上手に活用することが大切です。

箔押し印刷をギフト箱に施すことで、顧客に特別感を与え、ブランドイメージを向上させることができます。
ぜひ、箔押し印刷を活用して、魅力的なギフト箱を作ってみてください。

 

今回の記事で紹介できなかった箔押し事例は下記よりご覧いただけます。

https://jotosiki.co.jp/workskeyword/foilstamping/

 

デザインでご心配な点などは、
お打合せにてご案内させていただきますので、お気軽にお問合せください!