2021/05/07

スタッフブログ 箱の基礎

ダンボールの可能性

こんにちは

大阪支社 営業部の三上です。

みなさん、今年はどんなGWをお過ごしでしたでしょうか🌞

 

今回はダンボール業界1年目のわたしが、現在に至るまでに感じた

ダンボールに対してのイメージが覆ったお話をしていきます。

 

この業界に入るまでのダンボールに対するイメージは

「ダンボールはただの物を運ぶ為の梱包箱で、

   郵送が終われば古紙回収に出して終わり」

というのが、正直な感想でした😓💦

しかし、この一か月 ダンボールや紙製品について学んだことで

ダンボールの可能性を大いに感じています!!!!!

 

例えばこちら~

ダンボールで作った椅子でございます('ω')ノ

 

こちらは実際に大阪支社で毎週の会議時に使用しているものです。

第一弾使用分は、なんと 5年 も使用されていたとの事😳!!!!

(現在使用中の物は第二弾で、使用2年目に突入しているみたいです)

こちらはダンボールの外側の紙 【表ライナーと裏ライナー】

と呼ばれる部分がK11という頑丈な材質で作製されています。

 

いかがでしょう、

これだけでもダンボールに対するイメージが変わりませんか╰(*°▽°*)╯

 

このように、タマパック 大阪支社のオフィスにはダンボールで作られた備品が

たくさんありますので、これからも紹介していきたいと思います☝

 

これからまだまだ知識をつけていき、みなさんのダンボールに対するイメージも

このブログやHPを通して変えていければいいなと考えております。

最後までお読み頂き、ありがとうございました:-)

 

タマパック 大阪支社 三上

WEB相談窓口 ダンボーール・紙箱・化粧箱の制作に関する問題を解決!フリーダイアル:0120-469-880(受付時間9:00~18:00(土日祝日除く))
ページトップ