個人情報にかかる保護方針

株式会社ペーパーワールド(以下、当社)は、紙・ダンボール製品製造販売事業を営んでおり、事業者として取扱う個人情報の重要性を良く認識し当社での情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)定着への活動を個人情報保護の理念のもとに日々推進しています。当社は、個人 情報の保護に関する法令およびその他の規範を遵守し、当社の企業理念にふさわしいルールおよび体制を整備するとともに、全ての役員および従業員に周知徹底し、以下の方針に基づき個人情報の保護に努めます。

1個人情報の取得

当社は、お客様や従業員、求職者等の個人情報を取得する場合は、必要な範囲内で取得します。

2個人情報の利用

当社は、取得した個人情報を取得目的の範囲内で利用するとともに、適切な方法で管理いたします。 目的外利用は行いません。

利用目的

  • 委託された個人情報を取り扱う際は、紙・ダンボール製品の製造販売業、配送業務、雇用管理、
    採用業務並びに人事管理等事業推進上必要な範囲でのみ取得し、利用、提供致します。
  • 上記以外の目的で利用する場合は、ご本人から個別に同意を得るものといたします。

3委託先の管理

当社は、個人情報の処理を外部に委託する際は、委託先に対して、個人情報の 安全管理・秘密保持をさせるように、適正な管理・監督を行います。

4第三者への情報提供

当社は、本人に同意を得た場合を除き、個人情報を第三者に提供、または開示を行ないません。

5個人情報の開示、訂正、利用停止

当社は、本人からの個人情報の開示、訂正、利用停止等を希望される場合は、当社担当窓口までご連絡いただければ、本人確認をさせて頂いた上で、速やかに対応いたします。

6個人情報の適正管理

当社は、保有する個人情報に対し、個人情報の正確性および安全性を確保する為に必要な安全対策(情報セキュリティ対策)を講じ、個人情報 への不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改ざん、および漏洩などを予防および是正いたします。

7個人情報の取扱いに関する苦情及び相談対応

当社は、個人情報の取扱いに関する苦情及び相談対応への内部規程を定め、苦情及び相談に対応いたします。

8個人情報保護の継続的改善

当社は、本方針および個人情報保護に関する管理手法・対策を、ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)として社会環境の変化に対応し、見直すと共に継続的に改善を図ります。

個人情報保護管理者

桑原 幹司

個人情報担当窓口

【住 所】〒540-0013 大阪府大阪市中央区内久宝寺町 3-4-4
【部署名】株式会社ペーパーワールド 個人情報窓口担当
【電 話】06-6937-5505(受付時間 9:00 ~ 17:00)

情報セキュリティ基本方針

株式会社ペーパーワールドは、「私たちは志高く夢を描き、社員相互の幸福創造を実現します。」「私たちは新しい価値を創造し、人と社会の未来に貢献します。」を企業理念に、紙・ダンボール製品製造販売事業をとおして、お客様からの信頼を第一とし、お客様に信頼される「Q・C・D」を提供してまいりました。

当社がお客様の信頼を保持し、より良いサービスを提供していくためには、情報資産に対して適切な安全対策を講じ、あらゆる脅威から保護する必要があります。そのためには、物理的、技術的なセキュリティの強化はもちろんのこと、社員一人一人が情報セキュリティに対する主体的意識を持ち、セキュリティを尊重した行動をとることが重要だと考えます。

これらを踏まえ「情報セキュリティ基本方針」を定め、当社の情報セキュリティの基本指針とし、順守してゆくとともに、ISMS の継続的改善を宣言いたします。

1情報資産の管理と保護

情報セキュリティを維持・管理するために、情報資産を「機密性」「完全性」「可用性」に対する脅威から確実に保護することが重要な経営課題であることと認識し、業務形態に応じた適切かつ効果的なリスク対策および処置を行います。

2情報セキュリティ管理体制

代表取締役を最高責任者とした管理体制の下、ISMS 管理責任者の任命及び ISMS 委員会を設置し、情報セキュリティマネジメントシステムの体制を整えます。また、組織的なセキュリティ強化を行うために各部署のセキュリティリーダーを定め継続的改善を行います。更に、活動に必要な人材と資源を投入し、これを推進します。

3情報資産の評価・保護

情報資産を特定し、情報管理におけるリスクを評価するとともに、適切なリスク対応を実施します。

4情報セキュリティインシデント(事件・事故)への対応

“情報セキュリティインシデントゼロ” を情報セキュリティ目的とします。一方で、情報セキュリティに関する事件・事故が万一発生した場合、発見者は速やかに代表取締役並びに ISMS 管理責任者にその内容を報告することを徹底します。この事件・事故発生原因は ISMS 委員会にて分析と記録を行い、必要に応じて再発防止策を実施します。

5情報セキュリティ教育

役員及び従業員等に対し情報セキュリティに対する意識向上を図り、継続的な情報セキュリティ教育を実施し、当基本方針の周知徹底を行います。

6法令順守

情報セキュリティに関する法令・条例はもちろん、ISMS の規格要求事項、業務上締結した契約書や仕様書の要求事項を順守します。

WEB相談窓口 ダンボーール・紙箱・化粧箱の制作に関する問題を解決!フリーダイアル:0120-469-880(受付時間9:00~18:00(土日祝日除く))
ページトップ