2017/03/01

お知らせ スタッフブログ

PaperPlanes NO.123 ご紹介

当社では、毎月、「PaperPlanes」という広報誌を発行しています。内容はその月によって色々なのですが、今月から、その内容をブログでも紹介させていただきます!

2月(NO.123)では、リボードで作らせていただいた電車をイメージしたコーヒースタンドを掲載。ご依頼主であるNeriMiri coffeeの米盛様から、当社に問い合わせをいただいたきっかけからご使用時の様子などを書いたお手紙をいただいたので、紹介させていただきます。

 

「NeriMiri coffee米盛京子さんからのお手紙」

『先日、大阪テレビ主催の鉄道博2017に出店いたしました。イベント趣旨である鉄道に沿った店舗との依頼があり、 鉄道博の会場目の前の立地。どんなだったらお客様は喜ぶだろうかと、 なにかあっと驚くオオモノがいい。なにかないかと思案を重ね、ハリボテを作ろう! そうだ!ダンボールだ!と、近畿内の ダンボール家具などを扱う業者様方に依頼の電話をかけ始めました。
しかし一向に取り合って貰えず、金額も高い。ダンボールて安くないんだね、諦めようと。 最後にこの会社に聞いてみよう。HPにイメージを形にするって書いてあるし!

 

NeriMiri cofeeのお二人

イベントでご覧になられたら、ぜひお立ち寄りください!

折り返しの電話があり、ぶっきらぼうな印象の社員さんが、「とりあえずその金額で出来る イメージ、出してみますわ」と電話した中で初めて、向き合う姿勢を見せて下さりました。 その会社がペーパーワールド、ぶっきらぼうな印象の 社員さんこそが、岩崎社長であることを後に知るのでした(笑)
仕上がりは、私たちが想像していた以上に素晴らしいものでした。 留め具もダンボールなのが、面白いと思いました。組み立てもシンプルでとても使いやすかったです。 とにかく色がキレイ!デザインが映える! 会場前の入場待ちのお客様から「あっ、電車だ!」「かわいい!」と、大好評で最終日はとうとう写真撮影ご自由 にと張り紙を出すほどに撮影許可を求められ続けました。ダンボールなんですよー、と言うと皆様目を丸くされ、 パネルを見つめておられました。鉄道ファンは鉄道のイベントがあると、他府県からでもやって来られ、 今回のように3日あれば3日とも来場するのが当然らしく。そんなお客様達に「またイベントで会おうね」と 嬉しいお言葉をたくさんいただきました。このパネルを持って、イベント出店ではなかなか難しいリピーターの 獲得も狙っていくつもりです。
私は開業間もない私たちにチャンスを下さったテレビ大阪の担当様に喜んで頂きたくて、そのために こんな大掛かりな仕掛けを考えたのです。上司もご機嫌とのこと。それを聞き、私は疲労が吹き飛びました。 今後に繋がろうと、そうでなかろうと、人との関わりは大切にしたい。真摯に向き合いたい。全力で応えたい。 例え今はそれがすぐにプラスにならないとしても。いつか、きっと報われる日がくると信じ、邁進します。
本当にバカみたいな理由で始まったストーリーでしたが、得られたものはたくさんありました。 岩崎社長に出会えた事も、一緒に悩みぬいた時間も私たちの宝物です。 子供のように目をキラキラさせて電車のパネルの話をしたり、ダンボールへのプライドや愛が垣間見えたり。 仕事がとても好きなんだろうなと感じました。久々にそんなオトナを見て、久々にこんなオトナになりたい!と 思いました。』

私もお客様に喜んでいただける仕事をたくさんしたい!たくさん悩んでいいものを作りたいという思いを新たにしました。

PaperPlanesの他の記事、バックナンバーは、コチラからご覧いただけます。

 

 

 

 

 

WEB相談窓口 ダンボーール・紙箱・化粧箱の制作に関する問題を解決!フリーダイアル:0120-469-880(受付時間9:00~18:00(土日祝日除く))
ページトップ